Science

難消化性食物繊維「ロイコサッカライド®」

LEUCOSACCHARIDE®

ロイコサッカライドは、NOSTERの微生物ライブラリー内の乳酸菌から選抜されたLeuconostoc mesenteroides NTM048(ロイコ菌)がスクロース(ショ糖)を資化することにより作られる菌体外多糖であり、特殊な難消化性食物繊維の1種です。
これまでに腸管粘膜の免疫力を高めるIgA抗体の分泌促進、慢性皮膚疾患である「乾癬」症状の軽減作用を確認しています。また、このロイコサッカライドは、他の食物繊維と比較して、特定の腸内細菌に資化されることで腸内の短鎖脂肪酸量を増加させ、体脂肪の蓄積抑制に働くことから、肥満などの疾患予防につながることが示唆されています。
現在は、腸内細菌が産生する新規の機能性素材として免疫賦活作用・抗炎症作用・代謝機能改善作用の用途開発を推進しています。

Featured

2020.11.02

腸内細菌

ヒト腸管には1,000種、100兆を超える腸内細菌が共生しており、腸内細菌と呼ばれる多種多様な微生物生態系を構築していま…

Read More

2020.11.02

培養技術

腸内細菌は酸素がほとんどない腸管内で、互いに共生関係を構築し、安定したコミュニティを形成しています。これを自然環境下で再…

Read More

2020.11.02

バクテロイデス

Bacteroides vulgatus とBacteroides doreiは、ヒト腸管から分離された偏性嫌気性桿菌で…

Read More

2020.11.02

腸内細菌脂質代謝物「HYA®」

現在のところ、糖尿病治療は血糖値をコントロールする薬剤が使われていますが、これは糖尿病そのものを治療する薬ではありません…

Read More

  • MRX MicrobiomeResearch X
  • NOSTER | Science Microbiome Prize