News

2021.06.27

第21回日本抗加齢医学会総会にて、ランチョンセミナーを共催

6月25日~27日に国立京都国際会館で開催されました第21回日本抗加齢医学会総会にて、ランチョンセミナーを共催し、慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科の伊藤裕教授に座長をお務めいただき、京都大学大学院生命科学研究科生体システム学分野の木村郁夫教授に「食用油の腸内細菌代謝と肥満の関係」についてご講演いただきました。

また開催期間中は「CUMEC(キュメック)」のブースも出展いたしました。

Featured

2020.11.02

腸内細菌

ヒト腸管には1,000種、100兆を超える腸内細菌が共生しており、腸内細菌と呼ばれる多種多様な微生物生態系を構築していま…

Read More

2020.11.02

培養技術

腸内細菌は酸素がほとんどない腸管内で、互いに共生関係を構築し、安定したコミュニティを形成しています。これを自然環境下で再…

Read More

2020.11.02

バクテロイデス

Bacteroides vulgatus とBacteroides doreiは、ヒト腸管から分離された偏性嫌気性桿菌で…

Read More

2020.11.02

腸内細菌脂質代謝物「HYA®」

現在のところ、糖尿病治療は血糖値をコントロールする薬剤が使われていますが、これは糖尿病そのものを治療する薬ではありません…

Read More

  • MRX MicrobiomeResearch X
  • NOSTER | Science Microbiome Prize