News

2022.03.17

日本農芸化学会2022年度大会にてスポンサードセミナーを共催 「腸内細菌研究が創出する健康・医療新産業」

3月16日に日本農芸化学会2022年度大会にて、スポンサードセミナーを共催し、京都大学大学院農学研究科の小川順教授、医薬基盤・健康・栄養研究所 ワクチン・アジュバント研究センターの國澤純センター長に「腸内細菌研究が創出する健康・医療新産業」についてご講演いただきました。

Featured

2022.03.31

メタボローム解析サービス

メタボローム(metabolome)とは、代謝物(metabolite)と、ギリシャ語の「全て」を意味するomeを合成し…

Read More

2020.11.02

腸内細菌脂質代謝物「HYA®」

現在のところ、糖尿病治療は血糖値をコントロールする薬剤が使われていますが、これは糖尿病そのものを治療する薬ではありません…

Read More

2020.11.02

腸内細菌

ヒト腸管には1,000種、100兆を超える腸内細菌が共生しており、腸内細菌と呼ばれる多種多様な微生物生態系を構築していま…

Read More

2020.11.02

培養技術

腸内細菌は酸素がほとんどない腸管内で、互いに共生関係を構築し、安定したコミュニティを形成しています。これを自然環境下で再…

Read More

  • MRX MicrobiomeResearch X
  • NOSTER | Science Microbiome Prize